♪講座のご案内♪

☆2016年4月~2016年9月期のイーネオヤ講座☆

目的、目標に応じ各コースご用意しております。
本場トルコで身につけた技術をわかりやすく丁寧にレッスンいたします。

詳細はこちら⇒イーネオヤ銀座定期講座のご案内

関東
よみうりカルチャー荻窪 第4火曜午前クラス・午後クラス⇒
よみうりカルチャー恵比寿 第1火曜午後クラス・第2火曜夜クラス⇒
NEWよみうりカルチャー川越 第2水曜⇒
NEWよみうりカルチャー横浜 第2月曜⇒
パシフィックコーポレーション⇒随時募集中

関西
よみうり神戸文化センター⇒
よみうり堺文化センター ⇒
NEWよみうり京都文化センター⇒
近鉄文化サロン阿倍野⇒
NEW近鉄文化サロン奈良⇒
神戸新聞文化センター 三ノ宮KCC⇒



☆2016年4月~2016年9月期のレフカラレース講座☆

関東
パシフィックコーポレーション⇒
よみうりカルチャー荻窪⇒
よみうりカルチャー川越⇒
NEWよみうりカルチャー横浜⇒

関西
よみうり神戸文化センター⇒
よみうり堺文化センター⇒
トルコ雑貨エイリュル
NEWNHK守口⇒
NEW近鉄文化サロン阿倍野 第3水曜午前クラス・第三金曜夜クラス⇒
神戸新聞文化センター三ノ宮KCC⇒


☆東京フリークラス☆
詳細はコチラ⇒フリークラスのご案内

2013年8月2日金曜日

♪オヤの価値♪

唐突に。
オヤの価値。
具体的な価格ではなくてその存在価値・・・。

トルコの女性達が嫁入り道具として揃えるオヤは
自分で作りためたものが足りなければ他の作り手から購入することもあります。
時には自分が注文を受けて作り手となる事もあります。
ローカルな市場経済が存在し頻繁に取引されています。

今は世界に販路が拡大してグローバルな価値が出て
日本でもオヤを購入できる環境になってきていますよね。

チコラタンは作る事に興味があるので文化や歴史、ましてや経済の詳しい知識は皆無といっていいほどありません。
残念ながら実体験で見聞きした範囲しかお話できないのです。
それでも聞いて面白かった話、こんな事があったよ。
を皆様と一緒に「ほほー」と。ただ単に「ほほー」と、楽しめたらないいなと思っています。
感じ方は人それぞれなので皆様一様に「ほほー」と思っていただけるかどうか
わかりませんが「ほほー」って思われた方、ぜひコメントくださいませ♪
一緒に「ほほー」ってなりましょう^ー^



さてオヤの存在価値のお話に戻りましょう。

今もオヤを嫁入り道具として盛んに準備している、ある村で聞いたお話です。

少し昔によくあった14歳や15歳の若いお嫁さん。
今でも18歳未満の若いお嬢さんがお嫁に行く場合があります。

年齢が若くて、嫁入り道具を準備する期間が短い方は
オヤを始め手仕事品をたくさん用意する時間はありません。
そんな時はどうするのでしょう?

そんな時は購入するという手段の他、
家族、親戚、ご近所さんが一丸となって制作を助けて準備するのだそうです。
多分、宗教観が関わっていますねこの辺りは。

さて現代では嫁入り道具として家電製品も揃えなければならないので
お金もかかります。
若くして結婚する場合は手仕事品を作る充分な時間もお金の蓄えもないので大変です。
さすがに家電の準備はご近所さんも手伝えません。

そこではて?と思ったのです。

若い方は手仕事の作品を全部手放して
(市場が存在するので現金化は簡単です)、
家電を揃えるのに役立てたら現実的なのでは?

いずれ宝箱の奥にしまいこまれてしまう運命の手仕事を
他の嫁入り道具に変えて、揃えない選択肢があるのか無いのか・・・。
さっそく村の女性に聞いてみました。

答えは
「結婚するには全部が揃わなくては結婚できないのよ」
と半分苦笑い。

私の質問は愚問でした。。。。

嫁入り道具に無くてはならない物。
揃えないという選択肢はないということです。
オヤの存在価値は家電や家具相当。
ここではそういう位置づけなんですね。オヤ。


さて、同じ村でもう一つ面白いお話しを伺いました。
もうちょっとお付き合いください。




ここではオヤに別の価値もありました。
驚くことに「貨幣」のかわりという価値ズバリそのもの!

え?お金と一緒の扱いなの?お買い物できちゃうの?
とても驚きました。


ざっくりした経緯はこうです。

市場で手作りのオヤ数点と手作りのモンペが交換可能。
   ↓
モンペは市場で決まった金額で販売されている。
   ↓
つまりオヤもその金額の価値があるということ。
   ↓
市場で貨幣に変わってオヤでお支払可能!


巡り巡ってちょっと一瞬わかりませんが、
A=B
B=C
すなわちA=Cということです。

トマトやビベルのモチーフのオヤが
市場で実際のトマトやビベルと交換できるというのです!
なんておもしろいんでしょう!!

ただし、この現象はこの村と隣村だけで確認できた
超ローカルルール。
ここでは、それだけ多くの人に幅広く認知されています。
お金の代わりになっちゃうくらいその価値があります。

オヤ、まぁすごい!


こちらの村では学校入学前、読み書きよりも先に
オヤ作りを家族や近所の方から学びます。
なぜかといえば皆さんおわかりのように、
嫁入り道具の準備という意味はもちろんのこと、
お金と同等の価値を持つオヤは自分の手で稼ぐ手段として有効だからです。

ここで出会った若いお嬢さんも達人的手つきで手早く美しいオヤを作っていました。
農閑期だけでなく、子供の頃から一年中暇を見つけてはせっせと作っていると話していました。

少し話しはそれますが、
オヤには自分用のとっておき作品と、定番モチーフの2種類が存在します。
このお話しは、お金の図案が変わってしまうと価値を決めにくくなることが
定番とオリジナル作品がわかれて作り続けられている一因になるのでは?と感じさせられる出来事でした。




よし!
私もいつか自分で作ったオヤでトマトを買ってみよう。
当面の目標です。










 

8 件のコメント:

  1. ほほーっ
    オヤ→モンペ→貨幣 【わらしべ長者】の世界ですね♪
    オヤトマト⇒フレッシュトマト どちらのマルシェで現実となりますでしょうか? そんな手作り市もあったら楽しいですね。
    チコラタンさんの体験談を冷や汗をかきながらお聞きする機会を楽しみにしております。
                        by のんの

    返信削除
  2. >のんの様

    初「ほほーっ」ありがとうございます!
    うれしいです^ー^♪

    オヤトマト=フレッシュトマト の村はまだまだ調査中です。
    まとまったらご報告できると思います♪

    オヤ=モンペ
    モンペ=お金
    の図式は一般的に考えて
    オヤ=お金
    となりにくいのですが・・・ここでは飛び越えちゃうんです。

    面白がってくださってありがとうございました!

    返信削除
  3. ほほーっ!<●><●>
    なるほど、オヤは物心両面で女性たちの強い味方なんですねえ。
    心→言葉のかわり
    物→お金のかわり

    これからも面白いお話をお待ちしています。

    新米のオヤファンより

    返信削除
  4. Siyah bisiklet です。

    ほほぉ〜!✖いっぱい!

    オヤ=お金!
    学校に通う前からオヤを結い、嫁入り道具が揃わなければ、結婚しない。とか…
    オヤってスゴイ手仕事ですね!

    その手仕事をチコラタン先生にもっと教わりたいです(^-^)
    基本のモチーフをスイスイゆえるように…

    オヤのお話ブログを楽しみにしています��

    返信削除
  5. >匿名さま

    ほほーっをありがとうございます♪
    オヤはかわいいだけじゃなくて色々な意味付けできて面白いですよね。
    これからもぜひぜひ一緒にオヤの世界を楽しみましょう♪
    オヤを楽しむ仲間に新米も古参も関係ありません。
    皆さん同じお仲間です。どうぞお気軽に♪

    返信削除
  6. >Siyah bisikletさま

    ほほーっ♪嬉しいです。
    ブログを楽しみにしてくださって
    なんだか力が湧いてくるようです。

    ほんと、いつも優しくお声かけくださってありがとうございます。
    既にスイスイ作れるようになっていらっしゃいますよね。
    オヤのテクニックもオヤの背景と同じくらい奥深くて
    面白いですよね。
    私もレッスン増やせるように努力いたします。

    返信削除
  7. ほほー
    オヤってあらためてすごい!!ですね
    トルコの人のオヤに対する気持ちに脱帽です。

    みかん

    返信削除
  8. >みかんさま

    ほほー
    ありがとうございます^-^

    オヤって魅力的で素晴らしいですよね。

    コメントとても嬉しかったです。
    またお気軽にコメントくださいませ♪

    返信削除